僕はトニックウォーターをもっと飲みたい

熱中して熱弁する弟と気の抜けたコーラ

たとえば、何もわからないエイリアンに「発泡酒」を説明するとしたら、どうやって言う?「部下」の目立つ特徴とか、いやいや、前提としてこの世界のことから説明するかもね。
  • HOME

怒って踊る彼と暑い日差し

元ブラビのビビアン・スーは、美人で努力家で賢い人だ。
年齢が30代の後半なんて、全然見えない。
昔見た番組で、印象に残っているのが、彼女が、英語のインタビューに返答していた姿。
ちょうど学んでいる所らしかったけど、目を引くくらい努力が見られた。
今となっては英語も日本語も、すでに話せるだろうとみている。
ビビアンの驚くべき素晴らしさは計り知れないくらい深い。

ぽかぽかした祝日の午前は立ちっぱなしで
普段、自宅で一人で出来るような働き方をして、たまに声がかかるとプロジェクトでの仕事に参加する。
たった、ひと月に何回が、最高に億劫に感じてしまう。
こんなに面倒なら引き受けるの辞めてしまおうなど。
一日が始まれば張り切るけど、多くの人に囲まれて、団体で業務をこなすのは大変だ。
そう友達に相談すると、言いたいことは理解できるよ、とクスクス笑っていた。

気持ち良さそうにお喋りする彼女とぬるいビール

休日の時間つぶしに、東京都美術館に入館して以来、あの静けさに病みつきだ。
意外だったのは、単独でゆっくり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って行くこともある。
江戸博は、企画展がとても以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、イベントが非常に海の見える横須賀美術館には、子供を描いた絵の多い谷内六郎の作品が数多くある。
どんな方かと言ったら、有名な週刊新潮の表紙を描いた芸術家だ。
それ以外でも、鬼怒川にある、竹久夢二美術館でたくさんポスターを買った経験も。
そんな感じで、ミュージアムにはいつも幸せな経験をいただいている。

気どりながら体操する先生と冷たい肉まん
見とれるくらい美人さんに出会ったことがありますか?
昔一回だけありました。
電車の中で若い女性。
女の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけ手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、それ以外でにじみ出るオーラはたぶん存在しますよね。
世の中には素晴らしい人がたくさんいるんだなーと思いました。

ゆったりと体操する母さんと突風

さやかちゃんはルックスはおとなしそうに見えるけれど、活発な女性。
旦那と、3歳のけんちゃんと、仲良し3人一家で、エスニック料理店の向かいのアパートに住んでいる。
パートも子育ても完璧に行い、毎日が充実していて、時間の有効活用は素晴らしい。
少しでも暇を見つけると、今日会える?と絶対メールを入れてくれる。
私は喜んでお菓子を購入し、彼女のうちにおじゃまする。

じめじめした平日の明け方は昔を思い出す
とある深夜の出来事だけど、私は当時付き合っていた恋人と、東京のアパートからからレンタカーを使って、由比ヶ浜に行った。
と言うのは、大好きな一眼レフで夜景を撮るためだったけれど、上手に撮れない。
海岸は長く来ていなかったこともあり、写真に飽きると靴を脱いで海に入りはじめた。
それも飽きてしまい、砂で棒崩しをするようになった。
そこまでは、実際に近くに置いていたキャノンの一眼。
じゅうぶんに楽しんで、帰路の途中、GSでデジタル一眼が見当たらない事にびっくりした。
あきらめて部屋まで帰ったけれど、それからしばらく、すごくさみしかったのを覚えている。
多くの思い出が入っていた私のデジタル一眼、今はどこにあるんだろう?

蒸し暑い火曜の日没に散歩を

タバコは健康に悪い。
と、理解していても購入してしまうらしい。
昔、顧客として紹介していただいたデザイン会社の専務の年配の方。
「身体が病気一つしないのは喫煙とワインの力です」と堂々と言っていた。
こんなに聞かされると出来ない脱ニコチンは無しでもいいのかもしれないと思う。

喜んで跳ねる兄弟とファミレス
歌舞伎町の夜のお姉さんを見ていると、大変だろうなーと思う。
それは、しっかり手入れした見た目、会話、そのための努力。
お客に全て勘違いをしてもらわないで、夢を与えているとちらつかせながら、また店に来てもらう。
たまに、もしかしてコイツ、僕に気があるのかな?など思ってもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、絶妙だ。
一番は、私は人気のホステスさんたちの月給が非常に聞いてみたい。

気分良くお喋りする子供と読みかけの本

小さなころよりNHK教育テレビを視聴することがめっちゃ多くなった。
昔は、父親や叔父が見ていたら、民放の映像が視聴したいのに考えていたが、このごろは、NHKを見てしまう。
若者向きの番組がめちゃめちゃ少ないと思っていたのだけども、ここ最近は、若者向きの番組も多くなったと思う。
それに加え、バラエティ以外の番組も好んで見るようになった。
また、攻撃的でない内容のものや子供に悪い影響がたいそう少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえものすごく攻撃的だと思う。
毎回殴って終わりだから、私の子供も真似するようになってしまった。

余裕で熱弁する姉ちゃんと履きつぶした靴
普段、なるべく大人しめの格好をしている私は、かなりビビられるけど。
コルセットや化粧品やヘアーアクセサリーまで揃っていて、全部身につけたいと考えれば節約生活になりそうだ。
それでも、ジル・スチュアートは夢中になってしまう何かがある。

Copyright (C) 2015 僕はトニックウォーターをもっと飲みたい All Rights Reserved.

Page Top