僕はトニックウォーターをもっと飲みたい

雨が降る仏滅の午後に読書を

日々の生活の中で、「研究家」の立ち位置って、どう思う?無関係と思うだろうか。「手作りカレー」は、あなたにとってはなんの意味があるんだろう。
  • HOME

自信を持って口笛を吹く姉ちゃんと俺

少年は真夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みもすでに10日ほど経った夏だった。
暑くて寝苦しくて熟睡できなかったのだろう。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、まったくもって涼しくない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好物のカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫の中を確認し、野菜と肉のしたくを整え、料理し始めた。
夜が明けそうな時間には、台所からは、スパイシーなカレーのいい香りが漂ってきた。

どしゃ降りの水曜の昼はカクテルを
このところは、近所の釣り場におもむいていない。
勤めでとても過密スケジュール行けないのもあるけれど、非常に暑いので、出かけづらいのもある。
それに加え、業務終わりにいつもの場所を見ても釣れている雰囲気が全然ないから、けっして行きたいとは思えない。
大変ふんだんにあがっていたらすぐにでも行きたくなると思う。

勢いで口笛を吹く母さんと俺

業務で着るパンツスーツを手に入れに向かった。
コムサでモードとかフォーマルなショップもいいな〜と悩んだけれどギャルショップも良いと思う。
若々しくて元気な女性服の服屋でピタッとしたファッションが多数。
価格はショップによって違いが出るが、ほとんどがリーズナブル。
そこで、製品を選んでいたが、小さめの物ばかり取り扱われていた。
着てみると、なんとなくあか抜けているように見えるような気がする。
なかなか素敵な買い物ができて、とてもうれしかった。

月が見える火曜の早朝にひっそりと
本を読むのは大好きだけど、どんな本でも読むわけではない。
江國香織さんの作品にとても魅力を感じる。
もう何年も同じ本を読んでいる位だ。
主人公の梨果は、8年を共にした恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけである華子と一緒に暮らすようになるという少々変わった小説だ。
最後は驚きが大きく大胆な形だととれるが、最後まで読んだうえで振り返ると「確かに、そうなるかもしれないな」という感じがする。
とにかく江國香織はワードチョイスや登場するミュージック、物などお洒落。
ミリンダが出てくるとミリンダが飲みたくなるように書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出ればついCDをかけてしまう。
言葉の選択の方法が上手なのかもしれない。
おまけに、ピンクグレープフルーツそっくりの月...という文がどこで作られるのだろう。
そんな表現力に魅力を感じて、夜中に何度も同じ江國香織の本を読んでしまう。
好きな作品との夜遅くのこの時間が夜更かしの発端なのだろう。

雲が多い水曜の午前はカクテルを

季節の中で、梅雨が気に入っている。
部屋はじめじめするし、外出すると雨に濡れるけど。
理由として、小さいときに、雨の日に見たあじさいが美しく、その頃からこの花が咲くのを楽しみにしている。
長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトと瀧のあじさいデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れ込んで男の子医師のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と話した。
梅雨に美しく咲くあじさいを見て何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
そのうち訛って、アジサイは「おたくさ」という異名を呼ばれるようにもなったらしい。

一生懸命大声を出す妹とオレ
人の大半が水分という研究もありますので、水分は人類の基盤です。
水分摂取を怠ることなく、一人一人が元気で楽しい夏を過ごしたいものです。
ぎらつく日差しの中から蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、普段はそんなに出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して丁寧な方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のスキンケアは夏が過ぎた頃に出てくるという位なので、やはり気にしてしまう部分かもしれません。
もう一つ、すべての方が気を使っているのが水分補給に関してです。
ましてや、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期は例外かもしれません。
その理由は、たくさん汗をかいて、気付かない間に体から水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の様態も影響してきます。
もしかすると、自分自身が気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い盛りの水分摂取は、次の瞬間の具合に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
短時間外に出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があったら非常に便利です。
人の大半が水分という研究もありますので、水分は人類の基盤です。
水分摂取を怠ることなく、一人一人が元気で楽しい夏を過ごしたいものです。

陽気に走る君と電子レンジ

学生の時、株に好奇心をいだいていて、購入したいとおもったことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったけれども、しかし、一生懸命稼いでためたお金があっさりと減るのが恐怖で、購入できなかった。
楽天証券に口座は開設して、貯金から動かして入れて、パソコンのエンターを押すだけで購入できる状態に準備までしたけれど、怖くて買えなかった。
頑張って、働いて稼いだお金だから、いくら人たちから見たら少なくてもでも少なくなるのは怖い。
けれど一回くらいは買ってみたい。

夢中でお喋りするあいつと草原
ネットでニュースを毎日見るけれど、新聞を見るのもけっこう好きだった。
今は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースが色々あるから、新聞はもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが少しの時間で大量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで調べやすい点はある。
一般的な情報からつながりのある深いところまで見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもという話題が目につく。
債務不履行になるわけないと普通は思うけれど、もしデフォルトになったら、日本も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

ぽかぽかした休日の午後は料理を

ブームが去った今、ニンテンドーDSにハマっている。
最初は、TOEIC対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを購入していただけのことだった。
しかし、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、結局購入してしまう。
ピクロスDSやリズム天国、どうぶつの森とか。
変わったソフトで、旅の指さし会話帳も発売されている。
例えば、待ち合わせなどの、少しの空き時間には有効活用できそうだ。

ひんやりした仏滅の日没は昔を懐かしむ
私は昔、会社に入って多くの人に囲まれて仕事をしていた。
だけど、何年かすると、誰かと共に何かするというのに無理だと知った。
拘束時間が時間が長く、チームで行うので、仕方のない事だが、噂話がしょっちゅう。
うわさを好きになればじょうずになっていけるのかもしれない。
どう考えても、別にいいじゃんとしか思えない運命なのだ。
そして、ペースが遅い人に合わせるという辛抱ができない、早い人に合わせられない。
そもそも努力が見られない!と思うだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。

Copyright (C) 2015 僕はトニックウォーターをもっと飲みたい All Rights Reserved.

Page Top